未来リゾート都市大津 2

・前回の続き…
・大津駅前の活性化として、中央大通りを活用する長期構想。
・京都とは「歴史」「文化」とはまた違った目線で勝負する。
・京都には湖や広大な眺望はあまりなく、それをすぐ隣の大津市で実現することができる。
・大津に「長期滞在」し、京都や大阪に観光に行く、を実現する。
・ただし、今回、大津も一歩中に入れば、町家や歴史を感じることができることがわかった。
・まずは「リゾート」でつかみ、そのあとで大津の良さを知ってもらう。

課題として
・駅から琵琶湖がほとんど見えない(もったいない)。→SNS映えする中央通りの街並み
 ※全国から人が集まる湖西のメタセコイヤ並木のように
・琵琶湖までの交通手段が乏しい。→単線でつなぐ
・琵琶湖まで行く目的がほしい。→リゾートホテルと関連施設、カジノ(大津京)
・「日本一の」「世界一の」というものが必要。→日本一の琵琶湖を活用
 ※富士山のように

◎日本最大の琵琶湖とその眺望が最大の資源

中央大通りの隠された真実

ギャップを楽しめる街づくり

関連記事

  1. 大津駅前イベントからの波及効果を図る!

    大津駅前中央大通りモールの様子 駅前は大盛り上がり!一方、少し駅前から外れると、人気…

  2. 中央大通りの隠された真実

    ①線路から琵琶湖岸までは埋め立てられていた! ピンク点線より琵琶湖側は埋め立てられている…

  3. リゾートと古い町並みの融合~眺望確保の実証実験(切ったら死ぬ)~…

    大津駅からのレイクビューを実現!!琵琶湖岸には巨大リゾートホテルを建設!南北に走…

  4. ⼤津駅からのレイクビューと湖⻄への流れを復活する「創造的破壊︕と…

    1. ⼤津駅前からびわ湖の景観を楽しんでいただけるように周辺建物に⾼さ制限を設ける2…

  5. なぜ大津駅は坂の上にあるのか?

  6. あなたの知らない大津の秘密!!

    ①旧大津公開堂よこの京阪電鉄の謎  ここから見える京阪電鉄では、昔は蒸気機関車(JR)も…

最近の地図作品

PAGE TOP